前へ
次へ

通信販売での買い物を解約したいとき

訪問販売員が家に来て商品の案内から契約まで行うときがありますが、この時にはクーリングオフができることを知っておきましょう。
仮に契約をしたとしてもクーリングオフが可能な期間に一定の手続きをすれば契約自体をなかったことにすることができます。
契約時にクーリングオフに関する話が無ければ期間に関係なくクーリングオフができます。
では通信販売で購入した商品を返品したいときはどうかです。
訪問販売と通信販売はどちらも店舗での購入ではないので同じような取り扱いをしてもらえそうに感じます。
クーリングオフに関しては購入者が積極的に購入手続きをしたときは該当しません。
ネットショップでの買い物は購入者の意志に基づいて行われたと考えられます。
では通信販売の商品を一切解約できないかですが、販売者側に一定の不手際などがあったならそれを元に解約できるときがあります。
重要事項に関する記載がホームページ上になかったときなどは消費者契約法によって契約破棄ができる可能性があります。

Page Top